Canon|望遠キットレンズは遠くだけでなくボケを生かした写真が撮れる1本




一眼レフカメラの購入は、本体だけでなくレンズも必要になります。

キットレンズの評価は高いものから低いものまでたくさんあり、キットレンズを買おうか迷っている人も多いと思います。

 

それだけでなく、標準ズームレンズを買い、はじめての望遠レンズの購入を検討している人もいるでしょう。

 

本記事では、キットレンズの1本である

EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM

を紹介していきます。

 

キットレンズとしての購入もおすすめできて、

はじめての望遠レンズとしてもおすすめできる1本です。

価格も安く・性能もいいレンズになっています。

望遠ズームレンズとは

実は望遠レンズという定義はなくて、標準ズームレンズよりも画角が広いものを「望遠レンズ」と読んでいます。

なので、一般的には55〜70mm以上からを望遠レンズと呼ぶようです。

 

本日紹介のEF-S55-250mm F4-5.6 IS STMはAPS-C対応のレンズになっているので、35mm換算だと88-400mmの望遠ズームレンズになっています。

望遠ズームレンズEF-S55-250mm F4-5.6 IS STM 基本スペック

焦点距離:55-250mm(35mm換算で88-400mm)

F値:4-5.6 で一般的なズームレンズと同じくらいです。

ISはImage Stabilizerイメージスタビライザーの略で、手振れ補正機能のこと。

STMはStepping Motorステッピングモーターの略で、キヤノンの最新のAFモーター。起動・停止する時のレスポンスが速いことや制御性が高いという特長があります。

  • レンズ構成:12群15枚(UD レンズ1 枚)
  • 最短撮影距離:0.85m
  • 最大撮影倍率:0.29倍
  • フィルター径:58mm
  • 質量:375g

手ブレ補正機構を搭載した、小型・軽量サイズで使い勝手のいい望遠ズームレンズ。 新タイプの6群ズームとステッピングモーターによる新設計のフォーカス機構により、スムーズで高い静粛性の動画AFが可能です。最短撮影距離は0.85m。フォーカス時に前玉枠が回転せず、偏光フィルターなどの操作も快適に行えます。また、UDレンズの色収差補正により、ズーム全域での高画質を実現しています。

Canonより引用

レンズの読み方・用語がわからない方は下の関連記事をどうぞ!

EF・IS・STM・USMとは?|Canonレンズ用語を解説

2018.06.02

望遠ズームレンズEF-S55-250mm F4-5.6 IS STM 特徴

EF-S55-250mm F4-5.6 IS STMはなんといっても、軽い・安い

重さはなんと375g

望遠ズームレンズの中ではめちゃくちゃ軽いです。

望遠ズームレンズのため細長く大きさはありますが、軽いので持ち運びはしやすいです。

 

Canonのキットレンズとして販売されているため価格も安く、撮影しやすく・画質も抜群です。

望遠ズームレンズEF-S55-250mm F4-5.6 IS STM 利点と撮影事例

望遠レンズには、さまざまな特性があります。

焦点距離が長くなるほど、その特性がより顕著になるので参考にしてください。

切り取り効果

望遠レンズは被写体に寄れるので、画角が狭くなります。

狭い範囲を切り取るように写すことができるので、被写体を強調することができます。

圧縮効果

近くの被写体も遠くの被写体も、大きさの変化がなくなって、遠近感が少ない写真になります。

選手とお客さんの距離があまりないように見えますね!!

被写界深度が浅い

焦点距離が長くなるほど被写界深度が浅くなります。

それによってボケを生かした写真が撮れるようになります。

 

望遠レンズは被写体からの距離があるため、撮影時にブレやすく難しいです。

特に動く被写体を撮影するのはなかなかのテクニックが必要になります。

ぼくも子供の運動会のために購入しましたが、はじめは苦戦しました。

ですが、一眼レフカメラでは動画撮影もできます。

動画撮影の時にはISとSTMが活躍してくれるため、ビデオカメラと違った動画の撮影ができるので初心者の方には動画撮影から入るのがオススメです。

本日紹介の望遠ズームレンズEF-S55-250mm F4-5.6 IS STM

対応のレンズフード 

その他おすすめ望遠ズームレンズ

まとめ

本日紹介のEF-S55-250mm F4-5.6 IS STMはなんといっても、軽い・安い!

キットレンズということもあって価格が抑えられていますが、望遠ズームレンズを持っていない人には手に入れやすく・腕を磨くにはもってこいのレンズです。

初心者にオススメなのはまずは風景などの動かない被写体から撮影を開始し、望遠レンズの特性を感じながら勉強し、徐々に動くものへとシフトするといいです。

また、お子さんの運動会などの失敗できないシーンでは、動画撮影に切り替えて撮影すると間違いなくいい動画が撮れます!

ぜひやってみてください。

 

いかがでしたか?

いろいろなレンズがありますが、望遠ズームレンズを探している初心者の方にはおすすめになるので、よければ検討してみてください。

ではっ!!

レンズ保護フィルターは必要?おすすめ商品と選び方をご紹介

2018.05.14

Canon|はじめての広角レンズはコレ!写真の幅を広げる1本

2018.05.10

この性能でこの価格!?Canon標準ズームレンズで選ぶならコレ!

2018.04.05

【Canon】一眼レフカメラ初心者にオススメのレンズ〜これだけあればいい3本

2018.01.19