素人からの卒業!プロみたいな写真を撮る5つの方法




最近ではスマホのカメラ性能があがってキレイな写真を撮ることができたり、一眼レフカメラを持つ人も増えています。

せっかく、キレイな写真が撮れるんだから、もっといい写真が撮れるようになりたい!

初心者に見えない写真が撮れるようになりたい!

って思いませんか?

 

この記事では、普通とは違った写真が簡単に撮れる5つのテクニックを紹介します。

ぜひやってみてください。

初心者に見えない写真を撮る方法1.とりあえず寄れ!

花やもの、撮りたいと思った被写体に、『とりあえず寄る』ことで、違った写真に早変わりします。

例えば、このポストと学校の写真。
明暗が別れていて素敵な写真になっているのですが、ポストを際立たせたければ、

めっちゃ寄ってみてください。
こうやって『寄る』だけでも写真の見栄えは変わります。

 

初心者に見えない写真を撮る方法2.ローアングルから撮れ!

撮りたい被写体をアイレベルから少し変えて、『ハイアングル・ローアングルから撮る』とまた違った写真ができます。

アイレベルの写真

 

ハイアングルの写真

 

ローアングルの写真

 

一つの被写体でも、アイレベル・ハイアングル・ローアングルの写真で見え方が全然違います

 

おすすめは『ローアングルで撮る』です。

困ったらローアングルで撮ると写真が変わるのでおすすめです。

例えば、子供と桜の写真、アイレベルからの撮影だとちょっと微妙です。

これが地面すれすれのローアングルから撮るとこんな感じで迫力がでたり、

桜とのマッチングもバッチリな写真が撮れます。

これもローアングルで、下に黄色の花をうまくいれながら、鯉のぼりを撮影しています。

ローアングルでは、撮りたい被写体をおさめるだけで、いい感じの写真ができてしまうのでおすすめです。

初心者に見えない写真を撮る方法3.中央から少しずらせ!

撮りたい!と思った被写体は『中央で写真におさめるよりも、中央から少しずらす』と印象が変わります。

プロが使う写真テクニックの1つに、「撮れる画角を9分割する」というのがあります。

9分割だとこんな感じになるんですが、この9分割は『余白を意識』すればいいだけです。

逆に9分割を意識しすぎるとうまくいきません。

『中央で写真におさめるよりも、中央から少しずらす』『余白を意識』するだけで印象がガラッと変わります。

ただの鳥もまわりに情景を加えるだけで鳥が引き立つ写真になります。

あじさいのうしろに階段を入れることで、あじさいが際立ちます。
これこそ、真ん中から少しずらしただけで、いい余白がうまれて撮れた写真です。

 

初心者に見えない写真を撮る方法4.線を意識せよ!

花・木・物を撮る時に意識するといいのが、『線』です

こんな感じで、被写体となるさくらにあわせて後ろの木も平行になっているので、見ていて気持ちいいです。

これも線・平行を意識して撮りました。

このように線が一定方向・集約していると写真はきれいに見えます。

初心者に見えない写真を撮る方法5.シンメトリーにせよ!

『シンメトリー・対称』を意識してください。

4.の線を意識の応用になりますが、シンメトリーにすると違った印象になります。

ただの歩道橋も左右対称・シンメトリーにするだけでこんなにカッコよくなります。

 

公園の遊具も対象にするとまた違った印象になります。

少しアシンメトリーになっていますが、線を意識するとただの学校もいい感じに早変わり。

 

初心者に見えない写真を撮る方法 まとめ

いかがでしたか?

ホントちょっとしたことで写真は全然見え方が変わってよくも悪くもなります。

しかも、一瞬をとらえなきゃいけないことも多く難しいですが、これが頭に入っているだけで、写真出来栄えが全然変わると思います。

初心者に見えない写真を撮る方法

  1. とりあえず寄れ!
  2. ローアングルで撮れ!
  3. 中央から少しずらせ!
  4. 線を意識せよ!
  5. シンメトリーにせよ!

今回の作例はここまで見ての通り、1〜5を組み合わせているものも多いです。

うまく組み合わせて撮るとこれくらいの写真なら簡単に撮ることができます。

意識して撮っていくだけで写真が変わっていきおもしろいので、ぜひ試してください!

ではっ!!

記事内で撮った写真の機材 カメラ・レンズの紹介