これは超簡単!一眼レフの夜景の撮り方|三脚で一味違う写真を撮る方法




一眼レフカメラは圧倒的な画質と描写能力の高さで、写真のキレイさがすごいです。

購入後いろいろ写真を撮っていると、オート撮影から自分で操作設定するマニュアル撮影や絞り優先・シャッタースピード優先などの撮影モードの勉強をはじめることでしょう。

写真が自分の思う通りに撮れると、どんどん好きになっていって、はじめた頃よりもキレイな写真が撮れるようになってきます。

 

そんな中、『夜の撮影だけはうまくいかない・・・』なんて人いるんじゃないでしょうか。

筆者も夜・暗いところでの撮影は苦手でした。

夜の撮影は、カメラ撮影時に必要な『光の量』が少量のため、

  • 撮影でブレが生じたり
  • 暗い画像が多くなってしまったり
  • ノイズの多い画像になってしまったり

と失敗写真がどうしても増えてしまうのです。

 

そんな悩みを解決すべく、本記事では『一眼レフカメラでの夜景の撮り方』を書かせてもらいます。

ぜひ参考にして撮影してみてください。

夜景撮影に必要なもの

まず、夜景を撮るための準備として、必要なものがあるので、紹介します。

  • 一眼レフカメラ
  • 交換レンズ
  • 三脚

カメラ・レンズは当たり前として、夜景を撮るにあたって必要になるのが、三脚です。

 

三脚を使うことで、先ほどの事例であった、

  • 光の量の少なさ
  • 写真のブレ
  • ノイズ

をすべて解決してくれます。

というわけで、三脚をしっかり持って、夜景撮影に出かけましょう!

夜景撮影のカメラ設定方法

夜景撮影に必要な三脚を持ち、いざ撮影になりますが、大事なのがカメラの設定になります。

三脚に固定する前にしっかりとカメラの設定をしましょう。

ポイント

撮影モードはTv=シャッター速度優先で!!

カメラの撮影モードをシャッター速度優先にしてシャッタースピードを調節するのが、夜景撮影のポイントです。

そして、シャッタースピードを『4秒』に固定しましょう。

そして、露出補正を少し明るく設定します。(+EV2/3)

上記はキャノンでの設定画面です。他機種でも大きく変わらないと思うので参考にしてください。

 

設定はこれだけで大丈夫です。

あとは撮影しながらシャッタースピードを遅くしたり・早くしたりして、撮影を楽しみます。

夜景撮影実践

夏のお祭りでの夜景撮影の作例とともに、今回の設定でどのような写真が撮れるかを紹介します。

ISO100 0.7EV F7.1 4.0秒

明るさは申し分なくキレイな写真を撮ることができます。

 

ISO100 0.7EV F11 4.0秒

建物+盆踊り。

この撮影は、風景にはバッチリですが、人の撮影には向きません。

動く人は上の写真のように影になります。建物など動かない場合の撮影に適しています。

これはこれでおもしろい写真になりました。

 

ISO100 0.7EV F7.1 6.0秒

少し撮影スポットが暗い場合には、シャッタースピードをさらに遅くすると光量が増えるので明るく撮れるようになります。

シャッタースピードは暗い場所・明るい場所で調節してみてください。

上の写真は6秒開いての撮影で、撮影場所は結構暗かったですが、設定一つでこれだけ明るく撮れるようになります。

 

ISO100 0.7EV F5 1/3秒

逆にかなりシャッタースピードを早くして撮影することも可能です。

この場合は、夜間でも明るさが確保できる場所で撮影してください。
暗い場所でシャッタースピードを早くするとノイズが入ります。

こんな感じで背景ボケの写真も撮ることができます。

 

ISO100 0.7EV F3.2 1/2秒

盆踊りの写真では人が完全に影になっていましたが、この撮影方法では、動いている人はブレ・止まっている人はブレないという人の流れを意識した撮影ができます。

シャッタースピードの設定を少し変えるだけで違った夜景写真を撮ることができます。

 

そして、シャッタースピードをもっともっと遅くして、15秒に開いて撮影するとこんな写真を撮ることもできます。

三脚を使った一眼レフ夜景撮影方法 まとめ

いかがでしたか?

三脚を使う

撮影モードをTv=シャッター速度優先で4秒に固定

というポイントを抑えれば夜景撮影は簡単にできます。

作例で紹介したように明るさに合わせてシャッタースピードを縮めたり伸ばしたりして明るさを確保しましょう。

 

以上の点に注意して、夜景撮影をやってみてください!

ではっ!!