コインチェック事件と経済評論家・政治家の見解 まとめ




2018年1月26日、
コインチェックという仮想通貨取引所から
5億2300万XEMが盗まれました。
被害額は当時のレートで580億円相当
原因は不正アクセスによるもので、
XEMという仮想通貨をホットウォレット(ネットに繋がる状態)で保管していたため、
コインチェックにあるすべてのXEMが盗まれました。

ぼくもコインチェックを使っていて、
しかも投資していたのが、今回被害にあったNEM(XEM)だったので、
事件に巻き込まれたかと思いきや、

ウォレットという自分の財布を持っていて、そこに保管していたので、大丈夫でした!!
前々から取引所自体に仮想通貨を置いておくのが、
セキュリティ上危ないということが言われていたので、
あらかじめウォレットに移していました。
これは本当に上記の記事に救われた形になります。
やっておいてよかった。

ちなみに、NEMには無料のソフトウエアウォレットがあって、

Nano Wallet

というウォレットがあるので、
NEMを保有している人はこれで保有するのがいいと思います。

今回のように、取引所がハッキングされて全て無くなってしまうなんてことがあるとは思ってもいなかったです。
セキュリティ上危ないって言ってもね〜〜。
ってぼくも思ってたし。
だから、ぼくの友人はみんな取引所に保管していました。
みんな考えることは一緒ですね。

今回、ウォレットを導入していたのも
たまたま無料で、取り入れるのが簡単だったからです。
それで救われるとは運がいいですね。

その後、事件発覚から2日後の1月28日コインチェックから

NEMの保有者全員に、日本円で返金することが決定しています!!

これはすごいですね!!
当時のレートでの返金になりますが、
まさかコインチェック単独で返金できるとは思ってもいなかった。
463億円ですよ!!一会社の資産でそれだけ用意して潰れないのがすごい!

友人とも話してましたが、みんな潰れると思ってましたよ。

というわけで、コインチェックが補填して終わることができそうな今回の事件。
Twitterでフォローさせてもらっている政治家・経済評論家の藤巻さんは以下のように言っています。

自身も仮想通貨に投資していたこと、
政治や政府にもブロックチェーンの技術は素晴らしく、
税制度を変えなくてはいけないということを言われています。

政治の中にもブロックチェーンの技術を勉強し、活用しようという流れはとてもいいですね!

本当に行政コストを下げれるというか、人がいらなくなるレベルだと思うので、
早くブロックチェーンの技術を行政に入れてほしいものですね。

暴落とか今回の事件のような
マイナスな部分でのニュースしか大きく取り上げられない仮想通貨ですが、
ブロックチェーンの技術は本当にいろいろな部分に使えて
これからの未来どんどん使われていくと思うので、
そういった部分もニュースにしてほしいですね。