EOS Kiss M・M5・M6・M100比較!おすすめはコレ!Canonミラーレス比較

EOS Kiss M・M5・M6・M100




キャノンのミラーレスカメラの購入を検討していると行き当たるのが、

どれがいいの!?

というところではないでしょうか。

 

確かに価格帯はそれぞれで、外観・重さ・スペックそれぞれ違うのですが、どれを選ぶのが正解か。

本記事では、EOS Kiss M・M5・M6・M100とキャノンから出ているミラーレスカメラの解説と、選んで正解の商品を紹介します。

 

ズバリ!結論から書くとEOS Kiss Mが買いです!

その理由を含めて書いていきます。

まず、EOS Kiss M・M5・M6・M100 4機種の製品特徴について書いていきます。

EOS Kiss M 製品特徴

EOS Kiss Mは、発売日2018年3月23日に登場したミラーレスカメラです。

イメージキャラクターに竹内結子さんを置いて話題になりました。

 

Canonホームページでは以下のように説明されています。

EOS Kiss初となるミラーレスカメラならではの、高精細なEVFと小型・軽量ボディーが魅力。映像エンジンDIGIC 8と多彩な新機能で、初心者でも安心。

Canonより引用

キャノンでは、ミラーレスの他に一眼レフカメラがあって、その初心者モデルにEOS Kissというモデルがあり代々人気を託しています。

そのミラーレスモデルとして出たのが、EOS Kiss Mです。

 

カラーは、「ホワイト」と「ブラック」があります。

ホワイトは女性が持つのもバッチリです。

 

EOS Kiss Mは本格的な電子ビューファインダーがついています。

 

一眼レフカメラから継承している、バリアングルモニターを搭載しています。

EOS M5 製品特徴

EOS M5は、発売日2016年11月4日に登場したミラーレスカメラです。

 

Canonホームページでは以下のように説明されています。

デュアルピクセルCMOS AF、内蔵EVFなど、キヤノンの技術を凝縮したミラーレスカメラ。

Canonより引用

おすすめポイントは、何と言ってもボディ内手ぶれ補正でブレずに写真・動画の撮影ができること。タッチパネル液晶のため直感的にシャッターと被写体にヒントを合わせることができます。

今回紹介する中では一番古い機種になりますが、性能が高いため価格は一番高くなっています。(2018年9月現在)

EOS M6 製品特徴

EOS M6は、発売日2017年4月20日に登場したミラーレスカメラです。

 

Canonホームページでは以下のように説明されています。

2,420万画素の高画質とデュアルピクセルCMOS AFによるハイレベルな撮影を可能にした、外付けEVF対応のミラーレスカメラ。

Canonより引用

EOS M6はEOS M3の後継機として登場したミラーレスカメラです。

名前的にM5の後継機に見られますが、立ち位置的にはM6が初心者モデルで、M5がその上位モデルになります

しかしM5よりも発売日が新しいため機能的には見劣りすることなくスペックはほぼ同等です。

 

おすすめポイントは、コンパクトなのに高性能・ファインダーは付属でついていないのが残念ですがオプションでつけることができます。

また、チルトモニターは反転させて自撮りすることもできます。ファインダーがないためにできる技ですね

EOS M100 製品特徴

EOS M100は、発売日2017年10月5日に登場したミラーレスカメラです。

 

Canonホームページでは以下のように説明されています。

初心者にも扱いやすい入門モデルでありながら、上位機種に迫るハイスペックを搭載。おしゃれにカメラを楽しみたい方へ。

Canonより引用

M6同様初心者モデルとして登場したミラーレスカメラです。

M6の下位モデルで機能は初心者向けに作られています。

無駄な機能を一切取り除いたミラーレスですが、直感的に簡単に撮影に入れるので初心者の方は買った当日から一眼レフの画質を楽しむことができます。

 

おすすめポイントは価格。本記事紹介のミラーレスカメラの中では最も安いです。

機能は少ないですが、安くいい写真が撮れるようになりたいという方におすすめです。

製品比較・スペック表

 Kiss MM5M6M100
発売日2018年3月23日2016年11月4日2017年4月20日2017年10月5日
有効画素数2410万画素2420万画素2420万画素2420万画素
センサーサイズAPS-CAPS-CAPS-CAPS-C
連続撮影速度約10枚/秒約9枚/秒約9枚/秒約6.1枚/秒
常用ISO100-25600100-25600100-25600100-25600
映像エンジンDISIC 8DISIC 7DISIC 7 DISIC 7
本体重量約387g約427g約390g約302g
価格(2018.8月現在)¥71,080¥85,550¥76,710¥49,280

おすすめはEOS Kiss M

ここまでは、各製品のおすすめポイント・基本スペックを紹介してきました。

冒頭にも書きましたが、キャノンのこの4機種のミラーレスカメラでおすすめなのは、

EOS Kiss M

です。

最新モデルでありながら、価格帯はM5・M6よりも低く、性能はそれよりも高い。そこが1番です。

 

また、他のモデルにはない4K動画を撮れたりと初心者モデルでありながら高スペックで全てを兼ね備えているため、買って後悔ないのはEOS Kiss Mです。

 

価格的には、M100の方が圧倒的に安く、価格だけでみるのであればM100ですが、総合的な機能とこの価格であれば、少しでも写真にこだわりたい・今後も続けていくと思うという人は、まず、EOS Kiss Mを選んだほうがいいです。

Canonのミラーレスはここがいい!

キャノンを選ぶ理由を以前に書いています。

交換レンズは一眼レフのものも使える

キャノンは一眼レフカメラにおいて、ニコンと共に日本での2大メーカーでそのシェアは日本一になっています。

その人気のひとつが交換レンズの豊富さ。キャノン純正のレンズだけでなくシグマ・タムロンなどの他社製を含めると数百本のレンズを選ぶことができます。

しかし、ミラーレスカメラはレンズマウントが別で一眼レフカメラのレンズは使うことができません。

キャノンでは、一眼レフカメラの交換レンズも使用できるように、レンズマウント変換のアダプターも用意しています。

created by Rinker
キヤノン
¥8,766 (2018/11/15 19:10:18時点 Amazon調べ-詳細)

これを装着することで、ミラーレスカメラではまだまだ少ない交換レンズが、一眼レフカメラのレンズも使用できるようになるため写真の幅を広げることができます。

Wi-Fi・Bluetoothを使って撮影・写真を取り込める

今回紹介している4機種ではWi-FiとBluetoothを使って撮影し、撮影後は写真をすぐにスマホに送ることができます。

 

Wi-FiとBluetoothを使ってでの撮影は、スマホと連携させることで30m程度離れたところまでならスマホでシャッターを切ることができます。

スマホ側で写りを見ながらシャッターを切ることができるので、三脚を立てて自分でシャッターを押して自撮り。なんてこともできてしまいます。

 

また、撮った写真はスマホにすぐに送ることができます。

今までは外出先で、PCがないと同期できませんでしたが、Wi-FiとBluetoothを搭載したことで、撮ったその場でシェアすることができるようになりました。

外出して撮った写真をスマホに送って、インスタグラムにアップ。なんてことが簡単にできてしまうのです。

ミラーレス市場では出遅れてる?

ミラーレスカメラ市場では、近年フルサイズのセンサーサイズを搭載したモデルの販売が人気になっています。

ソニーのα9・α7シリーズをはじめ、2018年8月にはニコンでもフルサイズミラーレスの販売が決定しました。

ニコン、フルサイズミラーレスカメラ「Z 7」「Z 6」を正式発表

キャノンは現状フルサイズのミラーレスカメラの製造は発表していないので、現状フルサイズのミラーレス市場では乗り遅れている形になります。

 

2018年9月5日。
本記事公開後に、フルサイズのミラーレスカメラ、Canon EOS Rの発売が決定しました!!

これでキャノンもフルサイズミラーレスカメラ商戦に参戦です。

キヤノン「EOS R」ハンズオン:新たなる歴史の幕開けにふさわしいフルサイズミラーレス

これは楽しみです!

Canonミラーレス比較まとめ

EOS Kiss M・M5・M6・M100とキャノンから出ているミラーレスカメラの解説とスペック紹介からおすすめの商品を紹介してきました。

この4機種のミラーレスカメラでおすすめなのは、

EOS Kiss M

です。

一眼レフ・ミラーレスがはじめての人でも簡単に入れるだけでなく、写真を撮るのに慣れてきてもっとこうしたいって言う細かな機能も搭載しているモデルで、スペックは申し分ないので、EOS Kiss Mが買いです!

 

あなたのミラーレス選びの参考になれば嬉しいです。

ではっ!!