ISO感度とは?読み方・写真との関係を徹底解説|一眼レフ用語解説

ISO感度とは




一眼レフカメラをはじめるとカメラ用語として、

『ISO感度』

という単語を目にすることが多くなります。

 

  • 写真の明るさを決める数値
  • F値・シャッタースピードと関係

ということを知っている人が多いと思います。

 

ISO感度は一眼レフカメラの撮影において切っても切れない、知って置いたほうがいい用語です。

本記事では、ISO感度の詳しい解説と読み方・撮影時のF値・シャッタースピードとの関係について徹底解説していきます!!

ISO感度とは

ISO感度とは、International Organization for Standardization=国際標準化機構で作られたフィルム写真の規格の事で、フィルムがどの程度弱い光まで記録できるかを示す指標でした。

現在はフィルムカメラからデジタルカメラになり、デジタルカメラが光をとらえる能力を表す値=光の感受性を数値化したものとなっています。

 

ISO感度は、感度を上げる・下げるという表現をしますが、

ISO感度は感度を上げると光への感受性が上がるので、暗いところでの撮影を可能にします。

逆に感度を下げると光の感受性が下がるので、明るいところでは感度を下げて撮影するように設定されています。

 

一眼レフカメラでは、ISO感度が100〜16000や100〜51200などカメラの性能によって、上限が決まっていて、基本的に上限が高いほど本体の値段も高くなります。

ISO感度正しい読み方はコレ!

ここまで、ISO感度について解説してきましたが、一体なんて読むんだ?って人も多いと思います。

実際にカメラをやっていると人によって読み方が様々。

  • アイエスオー
  • イソ
  • アイソ

どれが正解か!?

全部正解です!!!

この辺はきっちり決まっているわけではないので、3つの読み方を覚えておくといいでしょう。

 

ちなみに、海外では「ISO Speed」アイソスピードと読んでいます。

ISO感度が変わると写真も変わる! ノイズに注意!!

ISO感度は写真撮影で密接に関わってきます。

ISO感度の最低は100ですが、そこから感度を200に上げると光の感受も2倍に上がるので、より早いシャッタースピード・高いF値の設定ができるようになります。

ISO感度は、シャッタースピード・F値と密接に関わっていて、シャッタースピード・F値の数値が違くても、ある程度同じような写真が撮ることができるのは、ISO感度をカメラ側で調節することでそれを可能にしています。

ISO感度F値シャッタースピードの関係

詳しくは関連記事にも書いてあるので、ISO感度・F値・シャッタースピードの関係を読んでみてください

 

また、暗いところでの撮影は、ISO感度をあげれば簡単に撮影できるようになりますが、『ノイズ』といって、撮影した写真にザラつきが出てしまいます。

ISO感度を上げすぎるとこの『ノイズ』が出てくるので、F値やシャッタースピードで明るさを確保して、ISO感度を上げすぎないように設定していきます。

このノイズが出るかどうかは、一眼レフカメラの性能によって違いますが、ISO感度の上限の基準を

  • APS-C : 800~3200
  • フルサイズ : 1600~6400

と覚えておくとノイズを抑えて撮影できます。

ISO感度 まとめ

ISO感度は、デジタルカメラが光をとらえる能力を表す値=光の感受性を数値化したもので、

読み方は、

  • アイエスオー
  • イソ
  • アイソ

どれでも正解です。

 

また、F値・シャッタースピードと密接に関係しているので、撮影のときにはISO感度を上げすぎないように、F値・シャッタースピードを調節して、光の量を調節・ノイズ軽減を行うことが撮影において大事になります。

ISO感度の上限の基準を

  • APS-C : 800~3200
  • フルサイズ : 1600~6400

と覚えてノイズを抑えて撮影していきましょう

ではっ!!