カメラメーカーの特徴比較!購入前に知っておきたい!シェア・色味




一眼レフカメラ・ミラーレスカメラを購入しよう!と決め、選びはじめるときに悩むのが

メーカー選び

ですよね。

 

一眼レフカメラならCanon・NIKON・PENTAXの3社。

ミラーレス一眼レフカメラならOLYMPUS・Canon・SONYの3社。

で悩んでいる方が多いと思います。

 

メーカー各社でそれぞれ特徴が違いますので、この記事では

  • Canon キャノン
  • NIKON ニコン
  • PENTAX ペンタックス
  • OLYMPUS オリンパス
  • SONY ソニー

の特徴についてまとめましたので、購入の際の参考にしてください。

メーカー各社シェア一覧

2018年度版のシェア割合になります。

上の円グラフが一眼レフカメラシェア割合。
下の円グラフがミラーレスカメラのシェア割合です。

 

一眼レフカメラは、61%Canonのシェアが圧倒的多いです。続いてNIKON・PENTAXと続きますが、CanonとNIKONの二強なんですね。

とはいっても、CanonとNIKONのシェアにこんなに差があると思わなかったです。

 

ミラーレスカメラは三つどもえ

小型でおしゃれな機種の多いミラーレスは、OLYMPUSを筆頭にCanon・SONYと続きます。

SONYはミラーレス一眼のフルサイズカメラ・α7シリーズがあるので、もっとシェアが高いのかと思っていました。意外にも3位なんですね。

 

シェアは

  • 一眼レフカメラ:1位Cannon 2位Nikon 3位PENTAX
  • ミラーレスカメラ:1位OLYMPUS 2位Cannon 3位Sony

の結果になりました。

ひとつ参考にしてください。

 

それではメーカー各社の特長を比較していきましょう。

Cannon キャノンの特徴

人物撮影が得意

Cannonポートレート撮影・人物撮影を得意としています。

  • お子様の成長に合わせて写真を撮りたい!
  • 家族写真・旅行の写真を残したい!
  • 風景も撮るけど人物撮影のほうが多そうだな!

っていう人におすすめです。

温かな色が特徴

カメラメーカー各社、『色』の考え方がそれぞれ違っていて、キャノンは『温かな色』が特徴です。

人物撮影が得意という理由にもなりますが、撮影時に温かな色を出せるので、肌の質感がキレイに撮れます。

オートフォーカスでピントが合うのが早い

キャノンはオートフォーカスの速さに定評があります。

そのためか、プロスポーツを専門にするカメラマンのほとんどがキャノンを使っています。

人物+動き(スポーツ)

はキャノンにおいて得意中の得意。

  • お子様の運動会の写真
  • 子供の部活動の記録
  • 子供のお遊戯会の写真

などなど、キャノンは動きをとらえる写真を得意としています。

また、人でなくても

  • 動きの多い野鳥
  • 電車・新幹線・飛行機

などの物の動きをとらえる写真を撮りたいという人にもおすすめです。

交換レンズが多い

キャノンは交換レンズが多く、用途に合わせたレンズを選ぶことができます。

APS-Cのセンサーサイズに対応したものだけでも種類は豊富ですが、

Lレンズと呼ばれる(Luxury=高級)レンズがあり、さらに種類が多くあります。

 

一眼レフカメラ初心者は、いつか持ちたい憧れのレンズとしてLレンズの存在があるほどです。

初心者でも操作・設定しやすい

エントリーモデルであるEOS Kissシリーズは初心者でも操作・設定しやすい造りになっています。

エントリーモデルからハイアマチュア・プロモデルへのバージョンアップも操作性・設定面でも大きく変わらないので、初心者から上級者まで段階を踏んで成長していける設計になっています。

一眼ムービーのさきがけ

キャノンにはEOSムービーと呼ばれる一眼レフカメラのムービー・動画撮影機能があります。

一眼レフカメラの動画撮影を導入したのはキャノンからで、全メーカーのさきがけとなっています。

 

一眼レフカメラの色・ツヤ・ボケまで写真と同じようにキレイな動画を写すことができます。

今では、テレビ撮影・映画撮影・PV撮影においても使われるほどで、写真と動画を1台で撮ることができてしまいます。

ユーザーが多い

シェア数を見てもらってもわかるように、使っているユーザーは多いです。

近くの友人がキャノンユーザーであればレンズなど借りることができたり、

購入前にはカメラを少し使わせてもらって、使用感を確かめることができるかもしれません。

NIKON ニコンの特徴

風景撮影が得意

ニコンは風景撮影をするのを得意としています。

ニコンは風景・キャノンは人物という住み分けができているんですね。

  • 人気の観光地に行って風景が撮りたい
  • 海外旅行が趣味でその記録として写真を撮りたい

など、人以外を撮りたい場合はニコンがおすすめです。

見たままの色を再現する『記録色』

メーカー各社『色』に特徴があるんですが、ニコンは見たままの色を再現する『記録色』が特徴です。

キャノンに比べると、さっぱりした色合いで、見た目に近い写真が撮れます。だから、風景写真を得意としているんですね。

精度の高いオートフォーカス

オートフォーカスのスピードはキャノンに劣るものの、精度に関してはニコンの方が高いと言われています。

カチッとはまるオートフォーカスでブレが少なく撮影できるのが特徴です。

風景の撮影においては狙ったところにピントをあわせるのが大事です。

絵づくりにおいてもどこにピントを合わせるかで、写真が変わってしまうので、精度の高いオートフォーカスは必需品です。

操作のカスタマイズを細かくできる 玄人向け

カメラの設定・操作の画面のカスタマイズの幅が大きく、自分の使う設定を細かくカスタマイズすることができます。

初心者だと自分でカスタマイズしていくことが難しいため「玄人向け」と言われています。

PENTAX ペンタックスの特徴

風景撮影が得意

ニコン同様、ペンタックスも風景撮影を得意としています。

  • 人気の観光地に行って風景が撮りたい
  • 海外旅行が趣味でその記録として写真を撮りたい

という人にはおすすめです。

緑色が自然に撮れる。でも色鮮やか。

ペンタックスは、緑色』が自然に・色鮮やかに撮れることを特徴としています。

それゆえ風景撮影を得意としています。

防塵防滴

なんと、一眼レフカメラの精密機械でありながら、エントリーモデルから防塵防滴機能がついてきます。

ペンタックスの最大の特徴と言っていいでしょう!

それこそ旅でいろいろな場所に出かける人・登山などで急な雨が降ってきてもある程度大丈夫です。

ペンタックス純正のレンズやフラッシュなどのアクセサリーも防塵防滴のものが揃っているので、機種を防塵防滴仕様で揃えることができます。

手ぶれ補正がついている

手ぶれ補正がついているのは普通なんじゃ?と思う人も多いと思いますが、通常レンズには手ぶれ補正がついていますが、本体側にはついていません。

それが、ペンタックスではエントリーモデルから手ぶれ補正が本体についてきます

旅などで安定しない場所での撮影などにもこれなら安心です。

オールドレンズが使える

ペンタックスはオールドレンズを使うことができるので、フィルターにかけなくてもフィルム調の色を再現することもできます。

オールドレンズで、他とは違った写真を撮ることができます。

OLYMPUS オリンパスの特徴

手ぶれ補正がすごい

最大5軸の手ブレ補正がついていて、

  • 縦回転
  • 横回転
  • 前後回転

のブレに対応して手ぶれ補正になっています。

他のメーカーは基本的に3軸になるので、かなり特徴的。

狙った被写体を逃さずとらえることができますね。

防塵防滴

ペンタックス同様、防塵防滴仕様です。

雨や風にも強く、旅に持っていくのも大丈夫です。

高速連写

上級機になると秒18コマの撮影ができる高速連写。

エントリーモデルでも秒8.6コマ撮影できるので、連写機能はオリンパスの特徴といえます。

フィルターにかけれる

撮った写真を簡単にアートフィルターにかけることができます。

インスタ映えするようなフィルターをかけた撮影・撮影後の加工がカメラ内ですぐにできます。

SONY ソニーの特徴

ミラーレスでフルサイズのセンサーを積んだ機種がある

ソニーのミラーレスカメラといったら、フルサイズのα9とα7シリーズです。

ミラーレスカメラでフルサイズを積んだのはソニーがはじめて

最小・最軽量

そして、フルサイズのセンサーサイズを積んでいるにも関わらず、最小・最軽量

コンパクトなのに画質・解像度の高さが魅力です。

オートフォーカスが早い

ミラーレス最速といわれるオートフォーカスの速さは必見。

キャノン同様、動く人・ものをとらえるのに優れています。

  • お子様の運動会の写真
  • 子供の部活動の記録
  • 子供のお遊戯会の写真

また、人でなくても

  • 動きの多い野鳥
  • 電車・新幹線・飛行機

などの物の動きをとらえる写真を撮りたいという人にもおすすめです。

各カメラメーカーの特徴まとめ

いかがでしたか?

  • Canon
  • NIKON
  • PENTAX
  • OLYMPUS
  • SONY

の特徴をまとめてきました。

各社それぞれ特徴があるので、

  • 一眼レフカメラかミラーレス一眼レフカメラか
  • 自分がどんな被写体をメインに撮影していくのか
  • メーカーの特徴である色味の特徴

など、いろいろ決め手があるので、それにあわせて購入するのがいいでしょう。

一眼レフカメラは高価な買い物になるので、失敗はしたくないですよね。

最初のメーカー選びはかなり重要なポイントになるので、この記事を参考にカメラメーカーを選んで見てください。

いいカメラライフになることを祈っています。

ではっ!!

カメラ製品はキタムラのネットショップがオススメです!