パパにおすすめ!子供の笑顔を残すなら一眼レフカメラに決まり♪




子供が生まれると写真を撮る機会がグンっと増えます。

普段から持っているスマホのカメラでパシャり。

カワイイ子供の写真をどんどんおさめていきますよね。

 

せっかくのカワイイ子供の写真をもっとキレイな画質で・もっとおしゃれな画像として保存したくないですか?

働くパパは、子供と遊ぶのは休みの日になってしまいます。

そんな時に外に子供を連れ出して、いい笑顔で遊んでいる子供をスマホではなく、一眼レフカメラでおさめてみませんか?

 

一眼レフカメラの高画質・高機能の力で子供の笑顔を残すパパにおすすめ機種を紹介していきます。

一眼レフカメラ・ミラーレスとどっちがいいの?

本格的なカメラには、一眼レフとミラーレスとがあります。

どちらも高機能で高画質が売りのカメラですが、カメラ初心者のパパが買うならどっちがいいか。

それは、『一眼レフカメラ』です!

 

これでわかる!一眼レフとミラーレスの違い|メリット・デメリット比較

2018.07.06

上の関連記事に一眼レフとミラーレスの違いについて詳しくは書いていますが、一眼レフ・ミラーレスのそれぞれの特徴について書き、なぜパパにおすすめなのかを書きます。

一眼レフのメリット・デメリット

一眼レフのメリット

  • 本格的な写真・画質がキレイ
  • 光学ファインダーで被写体を見た状態で撮影できる
  • 交換レンズが豊富で撮影用途にあわせて交換できる
  • カメラの専門的な機能が多い

一眼レフのデメリット

  • サイズが大きいため持ち運びが少し大変
  • 価格が高い

ミラーレスのメリット・デメリット

ミラーレスのメリット

  • 本体・レンズのサイズが小さく持ち運びしやすい
  • 画質も一眼レフに迫るくらいキレイ
  • デザインがおしゃれ・カワイイ
  • 価格が安い
  • 操作が簡単

ミラーレスのデメリット

  • 電子ビューファインダーは電池の消耗が激しい
  • 交換レンズが少ない
  • 専門機能が少ない

一眼レフもミラーレスも両者とてもいいことは言うまでもないですが、

なぜパパに一眼レフカメラがおすすめなのかというと、

  1. 写真の画質・キレイさは一眼レフが勝る
  2. 動く子供を撮るなら光学ファインダーが有利
  3. 交換レンズが豊富なため、用途にあわせて交換できる
  4. 動画を撮ることができる
  5. カメラの専門機能は男心をくすぐる
  6. 子供が大きくなった後、趣味としてカメラを使うことができる

という点です。

 

一眼レフは本格的な写真で画質がキレイで、子供の写真にするには最適です

 

 

光学ファインダー』はよく動く子供をとらえるのに最適なんです。

これでわかる!一眼レフとミラーレスの違い|メリット・デメリット比較

2018.07.06

こちらに光学ファインダーについて書いてますが、「肉眼同様・ファインダーをのぞいて、見たままを写真に撮れるのが光学ファインダー」です。

ミラーレスに搭載の電子ビューファインダーは「スマホと同じような感じで、レンズから入ってきた映像を処理した画像を見ながら撮影する」ので、反応の速度が違います。

 

スマホのカメラでよくありませんか?

ここ!ってところでシャッター切ったのにも関わらず、思った写真が撮れてない・反応が遅れて違う写真になってる・・・。なんてこと。

 

いろいろ動き回る子供たちをとらえるのは圧倒的に光学ファインダーがいいです。

 

 

交換レンズが大量にあるのも一眼レフの利点。

子供の行事である、運動会・お遊戯会では望遠レンズが活躍します。

家族旅行では標準ズームレンズや望遠レンズが。

ホームパーティでは広角レンズや標準レンズが。

用途にあわせてレンズを交換して最適な写真を撮ることができます

ミラーレスも交換レンズはありますが、量は一眼レフに全然敵いません。

価格が安価なものも多数あるのでコスト的にも交換レンズにおいては一眼レフが優位です。

 

 

動画撮影もできます。

これはミラーレスでもできるんですが、一眼レフ・ミラーレスで動画撮影ができることは知らない人も多いです。

運動会で写真を撮りながら、かけっこになったらワンタッチで動画に切り替えて撮影。なんてことが簡単にできてしまいます。

 

 

一眼レフは専門の機能が多数搭載しています。

最初はオート撮影でサポートしてもらえて、慣れてきたら自分でカメラの設定をいじることができます。

こだわった写真・自分好みの写真にいろいろな機能を使って撮影できるので、一眼レフがおすすめです。

こういうメカ的な部分は男心をくすぐり、いろいろ設定できるのでパパに最適です。

 

 

子供が成長し、成人・結婚していった後でも、趣味としてカメラを続けることができます。

子供を撮らなくなってもずっと使っていけるのが一眼レフカメラの魅力です。

 

以上のことからパパには一眼レフカメラをおすすめします。

パパにおすすめの一眼レフカメラ

一眼レフはじめて・初心者のパパにおすすめの一眼レフカメラを紹介していきます

Canon EOS Kiss X9i

 EOS KissX9i
有効画素数約2420万画素
常用ISO 100〜25600
センサーサイズ APS-C
測距点 45点
連続撮影速度約6.0枚/秒
ボディの重さ 約532g 

わからない用語・単語はこちらの記事を参照してください。

一眼レフカメラ用語集ー初心者が知っておきたい用語解説

2018.05.12

キャノンの一眼レフカメラのエントリーモデル(初級機)のEOS Kissを紹介します。

エントリーモデルではありますが、画質は最上級で、必要な機能は全て揃っていますのでこれで十分です。

サイズも大きくなく、パパならがっちり持てるサイズで、ママでも使用できるほど軽く設計されています。

Canon EOS 80D

 EOS 80D
有効画素数約2420万画素
常用ISO 100〜25600
センサーサイズ APS-C
測距点 45点
連続撮影速度約7.0枚/秒
ボディの重さ 約730g 

キャノンでもう一つおすすめなのが、こちらのEOS 80D

EOS Kissよりも上位モデルになりますが、初心者でも使いやすい設計になっていて、より本格的な一眼レフカメラなので、『せっかくはじめるのであればこだわりたい』っていうパパにおすすめです。

Canon EOS Kiss X9

 EOS Kiss X9
有効画素数2420万画素
常用ISO100-25600
センサーサイズAPS-C
測距点9点
連続撮影速度5枚/秒
ボディの重さ453g

キャノンの一眼レフカメラのエントリーモデルのEOS Kiss X9です。上で紹介した機種とは最後に『i』がつかない部分に違いが出ます。

この機種は最低限の機能を搭載し、高画質で低価格で販売されています。

サイズも小さく女性でもフィットする設計です。

女性向けに開発された機種ですが、価格をおさえて一眼レフカメラをはじめたいパパにおすすめです。

 

 

 

一眼レフカメラカメラはキャノンニコンの二大メーカーですが、動きに強いキャノンのほうが子供の撮影に向いているのでおすすめです。

ニコンは風景に強いので、風景撮影などをしたいという場合はニコンがおすすめです。

パパにおすすめ一眼レフ まとめ

パパが子供の笑顔を写真に残すために最適な一眼レフカメラを紹介してきました。

スマホは普段持ち歩くため機動性も高く、画質も向上していますが、一眼レフカメラを持ってみるとその画質のキレイさ・キメの細かさ・背景ボケの美しさをみるとやっぱり一眼レフを持っててよかった〜と思うことが多いです。

子供の成長記録用にいろいろな写真を撮って、キレイな写真をアルバムにまとめると見返すのにもとてもいいです。

ぜひ検討してみてください!

ではっ!!