新社会人に継ぐ『とりあえず3年』はよくもあり・悪くもあるから要注意




昔から仕事をはじめる時に『とりあえず3年』って言われていて、今でもよく使われるワードのひとつです。

『継続は力なり』

『石の上にも三年』

『桃栗3年柿8年』

って言葉・ことわざがあるように、何事も成熟するまでに時間がかかることを言ってます。

 

しかし、仕事でいう『とりあえず3年』は、成熟する意味ではいい部分がありますが、『慣れ』という部分においては悪い部分もあるので、今日はメリット・デメリット・自分の体験談について書いていきます。

『とりあえず3年』のメリット

1.自分のスキルが磨かれる

3年間働くことで、仕事のスキルはかなり身につきます。
スキルが身につき、仕事がより一層やる気になったり、楽しくなったりします。

2.仕事が好き・楽しくなる

スキルが身につくことで、仕事がどんどんできるようになり、いろいろなことを任され、仕事がすきになったり、楽しくなったりします。

3.職場の全体像がわかる

仕事のスキルが身につき、他の部署との連携や仕事の流れを知り、職場の全体像がわかるようになります。
職場の人間関係も把握できるので、対策ができます。

4.転職には有効?

3年以上の仕事経験があることで、同じ職種への転職は有効になることが多いです。

シロクマくん
3年働くことで、仕事の楽しさ・やりがい・スキルが身につきます。
まさに脂が乗る感じですね。

『とりあえず3年』のデメリット

1.仕事に慣れてしまう

一見、仕事に慣れることはいいことに思えますが、悪い意味でも仕事に慣れてしまいます。

  • 長時間の残業
  • 低い給料
  • 劣悪な職場環境

などの悪い点においても、”慣れ”が生じてしまいます。

この慣れがよくないこともあって、感覚が麻痺してしまって、残業が普通に・低い給料が普通に・劣悪な環境が普通になってしまって、気づかないうちに精神・肉体が弱っていることもあります。

2.動くに動けなくなる

3年あれば仕事に慣れることは簡単で、その仕事をするのが”普通”になります。

大きな変化を嫌う人は、よくない職場環境でも「3年耐えれたから・・・」低い給料でも「もしかしたらあがるかもしれないから・・・」と転職に動けなくなることもあります。

3.二次新卒に当てはまらなくなる

二次新卒というのは、学校を卒業後3年の間に、就職または転職を志す人のことをいいます。
近年は思った早期離職率が高く、思ったところに就職できなかった人が多く、そんな二次新卒の人を企業は積極的に採用する流れが出てきています。

3年働くことでこの2次新卒に当てはまらなくなります。

シロクマくん
3年という歳月はいい意味でも悪い意味でも仕事に慣れてしまうんだ。

『とりあえず3年』をやったぼくの末路

どうも、シロクマアキラ@AKIRABLOG1です。
ぼくは卒業後すぐに病院に勤めました。その時の話しは以下の関連記事でしていますので、よければみてください。

【独立・起業】5年間の雇われ店長からの独立。もっと早く独立していればよかった。

2017.12.28

ぼくも最初は『とりあえず3年』はやらなきゃ!と思って仕事をはじめました。
でも、すぐ気づきました・・・このままじゃダメだと。

それでも、3年は・・・という思いから仕事を続けました。

そこから5年までの間に結婚・出産などいろいろなことがあって、『変化』することが怖くなりました。
仕事は『このままじゃダメだ』とわかっていても、その状態から脱することもせず、『このままでもいいか』と思い込むようになっていきました。

 

悪い意味で、環境に慣れてしまったのが良くなかった・・・。

低い給料・評価されない自分の仕事・病院の環境

すべてが良くなかったのに。

 

3年という歳月は悪い意味でもその環境に慣れてしまいます
今ではその最初の「このままではダメだ。」という感情を大切にしていたらまた変わったのかな。って考えてしまいます。

まとめ

新社会人の人には、いい職場環境・楽しい仕事であれば『とりあえず3年』はとてもいいです。

しかし、『これは大丈夫か?』『このまま続けれるのか?』『もうキツイけど・・・』っていう場合は、しっかりと考えてください。
ぼくのように慣れてしまうと動くにはすごい力が必要になります。
その感覚を大事にしてください。

もし、やめよう。となっても上の人からは「3年も続けられないのか。」と言われることもあるでしょう。
そんなことは気にせず、しっかりと考えての行動なら起こしてしまっていいと思います。
今では2次新卒もあるので、転職もひとつの道だと思います。

『とりあえず3年』にとらわれすぎないよう、自分の感覚も大事にしてください。

ではっ!!

『好きなことで生きていく』働き方・生き方なんて、いろいろあっていいんだよ

2018.03.16

【独立・起業・開業】日本政策金融公庫からの融資。自己資金が少ない状態から融資を受ける方法とは。

2018.03.06